インタビュー[社長インタビュー]

工場見学のあと、仕事に対する姿勢・業界の将来をお伺いしました。

5Sを実践して仕事に取り組むことで、
人生観まで醸成されていきます。

今日は工場見学をさせていただいて、ありがとうございました。段ボールという身近な製品が出来上がる工程がよく解りました。

社長
それは良かった。見ていただいた甲斐がありました。

工場で働く人たちが僕たちに気持ちよく挨拶してくれましたが・・・

社長
お褒めいただきありがとうございます。「元気に挨拶!」をスローガンに取り組んでいます。まだまだ課題はあるものの、かなり浸透してきたように思っています。挨拶する。この当たり前のことがなかなかできないんですね。

これは、意識的に改革されたのですか

社長
基本的な考えは、森信三先生のお言葉の「時を守り、場を清め、礼を正す」を参考にさせていただきました。
  • 「時を守り」 時間を守ることにより、自分の信用を積み重ねる。
  • 「場を清め」 掃除をすることにより、感動の心をはぐくみ、感謝の心がめばえる。
  • 「礼を正す」 誰に会っても、相手に聞こえる大きな声で、相手が気持ちよくなる挨拶をする、返事をする。
素晴らしい言葉だと思い、工場や事務所に掲示しています。
具体的には、5Sを行動基準に取り組んでいます。5Sというのはご存知のように「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「躾(しつけ)」のことです。最後の「躾(しつけ)」とは、人に言われてするのではなく、当たり前のことを自発的にしっかり守る習慣、とういことでしょうか。忘れがちですがそういう自発的な姿勢が全てを好転させ、社是の「お互いに幸福を」につながると信じています。
5Sを実践して仕事に取り組むと、自分の仕事に自信や誇りを持つことができるようになり、人生観も醸成されていきます。そして各々の人生観が仕事と重なり合って、より良い品質の製品の企画、製造、開発、更には「安全」「衛生」につながっていくと考えています。

モノづくりのポイントを具体的に説明していただけますか

社長
そうですね。品質・価格・デリバリー・サービスとポイントはいろいろあります。基本的には、お客様のご要望通りのものを作ります。しかし、段ボールケースを重ねて積んだ時や、輸送中にお客様の大切な商品を傷つけない強度、形状や梱包時の作業性も考慮しデザインしなければなりません。
さらに最近は段ボールの保護機能を損なわず、環境に配慮した省資源化の企画・提案に重点を置くようになりました。画一的なエコ化ではなく、そこに包装文化に対する理解と工夫は欠かせません。
社会のお役に立ち、社会に必要とされる仕事を、より効率的に成し遂げるという強い意志を持ち、モノづくりにこだわり続けたいと考えています。
代表取締役社長 三木 秀一

社是

この言葉を常に意識して、仕事に取り組むよう努めています。

美鈴紙業の5S

具体的な行動基準。
「躾(しつけ)」とは当たり前のことを自発的に守る習慣のこと。

段ボールの将来について。

段ボールは物流になくてはならないものだと思うのですが

社長
将来どのような変化が起こるかわかりませんから、段ボールが包装の主役、物流の優等生であり続けるという意識は危険だと思っています。
「我々の使命は何か」を考え、段ボールをゴールにしないで、段ボールを超える「超・段ボール」を創りだすことが、お客様や社会から見て意味のあるものになりえます。
私たちの作り出す製品・サービスの価値を認め、必要とし、求めて下さるから、私たちが存在するのだということを肝に銘じなければなりません。

環境問題が叫ばれています。段ボールの将来をどのように考えていますか

社長
そうですね。現状では段ボールを価値あるものとして使うリサイクルのシステムができています。ただ、将来「段ボールに変わるシステム」が新しく生まれるのか「段ボールがより必要とされるシステム」に進化するのか想像はつきません。
しかし、いずれが価値あるシステムなのか、その時代ごとの価値観で「段ボール」を議論し、システムを変革していく。「段ボール進化論」は、次なる飛躍への大きなきっかけになるのは間違いないと思います。
様々な段ボール製品
▲このページのトップへ